< meta name="keywords" content="年末ジャンボ" />
So-net無料ブログ作成
検索選択
年末ジャンボ ブログトップ

年末ジャンボの当選確率を上げるための面白い秘訣!【2015・10億円】 [年末ジャンボ]

年末ジャンボの当選確率を上げるための面白い秘訣!【2015・10億円】


2015宝くじ.jpg


今年は10億円という

史上最高金額が当たる事になっている

2015年の年末ジャンボ宝くじ

もうお買い求めは済んでいますか?



1等7億円

前後賞がそれぞれ1億5000万円

夢の10億円を当てるためにも

当選確率が上がる方法を知っておきたいものです。





スポンサーリンク














宝くじ.jpg


以前紹介した

【縦バラ】【特バラ】といった

特殊な買い方をして

高額賞金の当選確率をあげる方法を

紹介しました。

⇒・宝くじ 年末ジャンボ10億円!どんな買い方で当選確率は上がる?



【縦バラ】などの買い方など

宝くじを購入する際に

色々な試みをされる方も多いと思います。



そんな人達が行っている

当選確率を上げる方法は、

何も買い方だけではないみたいです。



今回紹介する

宝くじの当選確率を上げる秘訣は

宝くじを買う際の

事前の準備や心得のようなものになります。



一体どういうものなのか、

これから見ていきましょう。



秘訣その①

●新しい預金通帳を用意する。


ここで言う預金通帳は

普段から利用している通帳ではなく、

宝くじが当たった際に

その当選金を入れる為

新しく用意しておく通帳です。



わざわざ新しい通帳を用意する事で

すっぽり空いたスペースを収める存在、

つまり当選金額という存在を

自身に呼び寄せるようにするわけです。



通帳という大きな懐を広げておき、

すでにお金が入ってくるという前提を

作ってしまおうという事なんだそうです。



こうして余裕を作っておく事が

宝くじを買う前に必要な準備になるという事ですね。



確かに、これは

買い方がどうこうという方法ではありませんが、

運という味方をつける事にはなりそうですね。



秘訣その②

●用途をはっきりと、細かく決める。


これは、

宝くじが当たったあと、

そのお金をどんな事の為に

どのくらい使うかという事を

あらかじめ決めておくという事です。



今年2015年の1等は

前後賞合わせると10億円ですので、

まるごと10億円分を予算として

何の用途にあてていくかを

細かく考えていく事になります。



これは、より細かく考えると良いそうで、

単に貯金、旅行、とするんではなくて、

何のために、誰のために、どのくらい、

その為に何が必要か・・・などと

どんどん想像力を膨らませていくんだとか。



10億円という大金で考えるのは大変ですが、

そうやって予定を立てていくと、

その予定に必要なお金として

宝くじの当選金額が

舞い込んでくるようになるんだそうです。



これもちょっと信じられない話ではありますが、

そうやって自分自身を

高額当選者として近づけていく事で

突然ある日、本当になってしまっているんだとか。



なるほど、実に興味深い話ですね。





スポンサーリンク













秘訣その③

●自分の欲を持たない。


誰だって大金があったら

自分が欲しいもの、やりたい事の為に

使ってしまいたいですよね。



でもそこはグッとこらえて、

欲のない気持ちでいる事が

当選する為の秘訣になるんだとか。



ほかの誰かの為だとか

世の中、社会に貢献するだとか

そいう事は考えても、

自身の欲は無いくらいがいいそうなんです。



それも心の底から本気で。



過去の高額当選者でも、

買った宝くじを忘れた頃に見てみたら

実は当たっていた、という人も

結構いるみたいなんです。



それくらい欲がない方が

良いのかもしれませんね。



ただ、宝くじを買う人には

なかなか難しい事ではありますし、

本当にそれができたら苦労しないですよね。



秘訣その④

●当たると信じきる。


何よりも、

自分の買った宝くじが

当選する宝くじであると

信じて止まないことです。



ただ信じるんじゃなくて、

信じきる事が必要なんだそうです。



信じきっているから、

それ以上望む事も願わずとも

高額当選金が舞い込んでくるんだとか。



過去に当選された方にも

「何となく当たる気がしていた」

という人も多く、

特に根拠もなく自信があったみたいです。



「どうせ当たらないかも」と思って買うより、

「絶対に当たってくれる」と信じて買ってみる事も

一つの方法かもしれませんね。




このように、

宝くじを買う時や買ったあとでの

一つ一つの心がけが

当選確率をあげる秘訣にも

なりかねないわけですね。



どれも根拠がある訳ではないですが、

実際にそれで当たったという人もいるんですから

試してみるのも良いかもしれませんね。



2015年の年末ジャンボは

12月22日(火)までの販売となります。



2015年は、

1等7億円が当たる年末ジャンボ

1等7000万円が当たる

年末ジャンボミニも販売されています。

⇒・年末ジャンボ宝くじ2015 10億円とミニ、どっちを買う?金額と当選確率の比較



まだ買っていない人も

すでに買ったという人も、

今回紹介した当たる秘訣を活用してみて

何枚か買ってみたらどうでしょうか?



もしかしたら、

これで当選確率が上がって

10億円が当たるかもしれませんよ。





スポンサーリンク













年末ジャンボ宝くじ2015 10億円とミニ、どっちを買う?金額と当選確率の比較 [年末ジャンボ]

年末ジャンボ宝くじ2015 10億円とミニ、どっちを買う?金額と当選確率の比較


宝くじ.jpg


2015年ももう半月もすれば

年末になってまいりますね。



年末といえば、

やはり年末ジャンボ宝くじ

楽しみの一つです。


今年2015年の年末ジャンボは

1等7億円、前後賞がそれぞれ1億5000万円で、

最大10億円という

物凄い金額が当たりますね。





スポンサーリンク














2015年は同時に

年末ジャンボミニも販売されており、

こちらは1等7000万円が当たります。



年末ジャンボミニの1等は、

通常の年末ジャンボの

10分の1という金額ではありますが、

その分1等の本数が多くなっています。



年末ジャンボも年末ジャンボミニも

購入金額はどっちも同じで

1枚300円となりますが

一体どっちを買う方がいいんでしょうか?



まずこちらが、

今回行われる

2015年の年末ジャンボ宝くじの

各等の当選金額と本数の一覧です。

2015宝くじ当選金額.gif



そしてこちらが、

2015年の年末ジャンボミニの

それぞれの当選金額と本数になります。

2015宝くじ当選金額・ミニ.gif



10億円の当たる年末ジャンボは

27ユニットの販売で

1等の本数は27本となります。



一方、年末ジャンボミニは

19ユニットの販売で

1等7000万円の数は190本

2等の100万円でも1900本

用意されている事になっています。



明らかに年末ジャンボミニの方が

本数が多いので、

当たる確率だけでいったら

こちらの方が高くなりますよね。





スポンサーリンク














販売数はその年の売れ行きによって

増刷される事もありますから、

さらに当選本数が増える可能性があります。



そのため

正確な当選確率は分からないんですが、

昨年の2014年のときは

年末ジャンボが約1000万人に1人

年末ジャンボミニが約100万人に1人という割合で

1等が当たる計算となっていたそうです。



つまり、年末ジャンボミニの方が

年末ジャンボよりも10倍

当選確率が高い事になります。



当選金額が低くても

純粋に当たりを狙っていくんでしたら、

年末ジャンボミニの方を買った方が良いですね。



そして、年末ジャンボの方が

年末ジャンボミニよりも

1等の当選金額が10倍と高く

場合によっては前後賞もつくわけですから、

大きく夢を見るのなら

迷わず年末ジャンボを選んだ方が良いですよね。



さて、あなただったら

どっちを選んでみますか?



もちろん中には、

年末ジャンボも年末ジャンボミニも

両方買うという人も多いでしょうね。



結局当たる当たらないは運によるものですから、

どっちを何枚買ったところで

当たるときは当たるでしょうし、

当たらないときは当たらないものです。



10枚買って当たる人もいれば、

100枚買っても当たらない人もいますし、

これは運に任せるしかありません。



ただ、宝くじを買わない事には

何も当たりませんので、

当選の権利を得るためにも

1枚でも手に入れておく事が大事ですよね。



さて、今年2015年の宝くじも

年末ジャンボと年末ジャンボミニ

どっちを買ってもワクワクする事には

間違いありませんね。



年末ジャンボ、年末ジャンボミニの販売は

どっちも12月22日(火)まで、

抽せんは12月31日(木)となります。



抽せんが行われる年末を

楽しみにしていましょう。


【関連記事】

・宝くじ 年末ジャンボ10億円!どんな買い方で当選確率は上がる?





スポンサーリンク












宝くじ 年末ジャンボ10億円!どんな買い方で当選確率は上がる? [年末ジャンボ]

宝くじ 年末ジャンボ10億円!どんな買い方で当選確率は上がる?



10億・クーちゃん.jpg


2015年年末ジャンボ宝くじ

1等・前後賞合わせた当選金額が

10億円という

史上最大の賞金額となり、

非常に注目されていますよね。



この夢のような当選金額を狙って、

年末ジャンボ宝くじの購入者が

各地で増大しているそうだとか。





スポンサーリンク













宝くじ.jpg


今年こそ年末ジャンボ宝くじを当てたい、と

誰もが思っているはずです。



購入者の中には

それぞれで考えられた買い方をして

当選の確立を上げようとしている人も

少なくはないはずです。



そんな年末ジャンボ宝くじで

少しでも当選確率の上がるような買い方を、

今回はまとめてみたいと思います。


【連番】と【バラ】どちらで買うと当選確率は上がる?


まず、宝くじの買い方の基本となるのは、

「連番買い」「バラ買い」ですね。



「連番」は、

10枚1口の組が同じで、

番号が連続した数字になっているものです。



下一桁の数字が

0~9で並んでいるので、

1等と前後賞の両方を狙う事ができます。



1等の番号によっては

前後賞のどちらか一方だけになる場合もありますが、

高額当選に期待が持てますね。



「バラ」は、

10枚1口のうちの全てがランダムで

組が違い、番号も連続していないものです。



1等と前後賞を狙う事は難しいですが、

1枚ごとに当選の期待をもつ事ができますね。



年末ジャンボ宝くじは

「連番」と「バラ」

どちらの買い方が効率的なんでしょうか?



実は確率論的に、

「連番」も「バラ」も

理論上の期待値に違いはないそうです。



ただ、10枚で比べた場合には、

「バラ」の方が2.5倍

1等、または前後賞の当選確率が高いんだとか。



例え10億円にならなくても

1等でも前後賞だけでも当たればいいという人には、

「バラ」買いの方がオススメなんですね。





スポンサーリンク













お得な買い方ができる、【縦バラ】【特バラ】という買い方



さて、そんな宝くじの「バラ」買いで

得する買い方があるそうです。



それは、「縦バラ」という

購入方法です。



通常、「バラ」で宝くじを購入すると

1等と前後賞が同時に当てる事はできませんが、

この「縦バラ」で購入する事で

1等と前後賞を狙う事ができます。



「縦バラ」をする際は、

前後賞を狙う為に3セット以上で

購入した方が良いでしょう。



例えば、「バラ」を3セット購入する際に

①12組 345432、05組 475273、80組 698464、・・・
②12組 345433、05組 475274、80組 698465、・・・
③12組 345434、05組 475275、80組 698466、・・・

といった具合に

組数が同じ・番号が連続で並ぶように

「バラ」を選んで購入します。



こうする事で、

全ての宝くじを連番にできるのが

「縦バラ」という買い方です。



大きな売り場でないとこの買い方は難しいですが、

「バラ」と「連番」、両方のメリットで狙えるので

オススメの買い方になりますね。



そしてもう一つ、

宝くじの得する買い方に

「特バラ」というものがあります。



これは、「バラ」を100枚分買うんですが、

その際に下2ケタの部分がすべて違う数字になるよう

100通り購入するというものです。



つまり、下2ケタの数字が

00~99まで連番になっている「バラ」を

揃えて買うという買い方になります。



年末ジャンボの場合

300円×100枚で3万円が必要になりますが、

下2ケタの当たり1枚

下1ケタの当たり10枚

確実に手に入る事ができます。



年末ジャンボなら、

●6等 下2ケタ・・・3000円

●7等 下1ケタ・・・300円

となりますので、

6000円分は必ず当たるわけです。



つまりは、

3万円分の宝くじを

2万4000円という2割引きで買えるという、

お得な買い方になるんですね。



これも特別な買い方になるので、

大きな売り場などで試してみてください。



ほかにも、

宝くじを当てる為の秘訣は

まだ色々あるようですが、

ここでは実践的な買い方

「縦バラ」「特バラ」を紹介してみました。



これから年末ジャンボを購入されるなら、

こんな方法を試してみるのも

良いかもしれませんね。



今年の年末ジャンボ宝くじの販売は

12月22日(火)までです。



今年最後の運試しに、

年末ジャンボ宝くじを買って

夢の10億円を狙ってみようじゃないですか。


【関連記事】

・年末ジャンボ宝くじ2015 10億円とミニ、どっちを買う?金額と当選確率の比較




スポンサーリンク












年末ジャンボ ブログトップ
目次ページ