< meta name="keywords" content="アニメ関連" />
So-net無料ブログ作成
検索選択
アニメ関連 ブログトップ

【チャージマン研!】漫画版、2016年に初の単行本化が決定! [アニメ関連]

【チャージマン研!】漫画版、2016年に初の単行本化が決定!



知る人ぞ知るネタアニメ、

【チャージマン研!】



ネットなどで絶大な人気を誇るこのアニメの、

放送当時の1970年代に連載されていた

漫画版【チャージマン研!】

復刊ドットコムで単行本化されました。




スポンサーリンク








チャージマン研!.jpg

【チャージマン研!】は、

1974年「ナック」が制作した

10分のショートアニメで、

地球の未来都市へ侵略して来る「ジュラル星人」に、

主人公の「泉 研」

「チャージマン研」に変身して立ち向かう

SFヒーロー作品です。



制作費が低予算のうえ

尺が短いのに1話完結方式という制限から、

ストーリーに強引な展開が目立ったり、

作画や効果音に違和感が多かったりと、

ツッコミどころ満載のアニメとなっています。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【ウルトラマンキッズ】怪獣さえもかわいいアニメが、初DVD化! [アニメ関連]

ウルトラマンキッズ 3000万光年②.jpg

みなさん、ウルトラマンアニメ

昔放送されていた事は知っていましたか?



その名も「ウルトラマンキッズ 母をたずねて3000万光年」

このアニメが初DVD化され、

2016年1月29日

DVD-BOXがようやく発売される事になりました。




スポンサーリンク















ウルトラマンキッズ.jpg


まず「ウルトラマンキッズ」とは、

ウルトラシリーズのテレビシリーズが

途切れていた1980年代半ば頃に、

新たなキャラクタービジネスとして

グッズ展開されたものです。



そのかわいい姿にデフォルメされた

ウルトラヒーローや怪獣達によって

新たなファン層を獲得することに成功した訳です。



その人気を受けて

アニメ化された作品が

「ウルトラマンキッズ 母をたずねて3000万光年」です。



当時はデジタル対応が主流でしたが、

このアニメ作品は、

世界初となるハイビジョン対応のテレビアニメで、

1991年11月から1992年5月まで、

全26話が放送されました。


ウルトラマンキッズ 3000万光年.jpg


内容は、

ウルトラマンの少年マーが

仲間達と共に宇宙を駆け巡り

父と母を探して旅をするというものです。



ウルトラのヒーロー達は、

名前もかわいいものに変わっていて、

ウルトラマンは「マー」

ウルトラセブンは「セブ」

ウルトラマンタロウは「ター」

という名前になっております。



さらに怪獣たちも

かわいいキャラクターになっており、

怪獣たちの名前も、

バルタン星人は「バル」

ガッツ星人は「ガッツ」

エレキングは「エレピー」

といった感じで、

愛着のある怪獣キャラクターとなっています。



こういうかわいい感じの怪獣なら、

ペットにしてみてもいいですよね。





スポンサーリンク















今回初DVD化という事で、

待ち通しく思っていた当時のファンも

多かったのではないでしょうか?



自分も当時は見ていた記憶が少しあるので

とても懐かしいです。



かわいいウルトラマンや怪獣の子供たちが活躍する

「ウルトラマンキッズ 母をたずねて3000万光年」、

是非一度チェックしてしてみてください。




―「ウルトラマンキッズ 母をたずねて3000万光年」の商品概要はこちら↓―

●商品名:ウルトラマンキッズDVD-BOX II

●発売日:2016年1月29日(金)

●価格:19,440円(8%税込)/18,000円(税抜)




ウルトラマンキッズには、

ほかにも「ウルトラマンキッズのことわざ物語」という

アニメも放送されていました。



「ウルトラマンキッズのことわざ物語」のDVDも

只今発売中ですので、

興味のある方は

こちらもチェックしてみてもいいでしょうね。





スポンサーリンク













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

「まどか☆マギカ」の蒼樹うめ、上野の森美術館で初個展 4コマ「ひだまりスケッチ」など多数のイラストが公開! [アニメ関連]

蒼樹うめ展.jpg

10月3日より、東京・上野の森美術館

漫画家蒼樹うめさんの初個展

「蒼樹うめ展」が開催されます。


蒼樹うめさんは

漫画「ひだまりスケッチ」や、

アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」

キャラクター原案を手掛け、

同人サークル「apricot+」

主宰を務めていることで知られている

人気の漫画家・イラストレーターです。






蒼樹うめさんにとって初個展となる

この「蒼樹うめ展」では、

描き下ろしによるイラスト作品が

多数展示されるほかに、

「まどか☆マギカ」など

これまで手がけた作品の

創作秘話や裏話と共に初披露となる

貴重な設定資料やデザイン画が公開されます。


作品を知っているファンにとって

非常に興味をそそられる内容となっている様です。


更には、幼い頃の創作物

デビュー前の作品愛用品

描き下ろし作品のメイキング映像なども展示されます。


また、会場では

「ひだまりスケッチ」の主人公・ゆのの部屋と

蒼樹うめさんの仕事場が再現されるほか、

自ら考案した「ゆのの絵描き歌」なるものも公開されるなど

「ひだまりスケッチ」好きには見逃せない要素が溢れています。


さらに会期中には

蒼樹うめさんによるサイン会や

ドローイングイベントも開催される予定です。






●開催期間

 10月3日(土)~10月12日(月・祝)

●入場料

 一般・大学生1000円
 中・高校生: 600円

前売り券なら

 一般・大学生:900円
 中・高校生: 500円


前売り券は10月2日(金)まで販売され

上野公園案内所のほか

アニメイトゲーマーズなどの

アニメキャラクターショップでも購入する事ができます。


前売り券の先着購入特典として

蒼樹うめ氏描き下ろしの

特製メッセージカードがついてくる様です。


作品を知っている人も、知らない人でも

是非とも足を運んでみてもらい

キャラクターや作品の魅力に

じっくりと触れてみてもらいたいですね。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター
アニメ関連 ブログトップ
目次ページ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。