< meta name="keywords" content="ラグビー" />
So-net無料ブログ作成
検索選択
ラグビー ブログトップ
前の3件 | -

日本ラグビー快挙、これまで出場したワールドカップの戦績は? [ラグビー]

ラグビー日本代表、米国戦勝利.jpg

10月11日(日本時間10月12日)

イングランドのグロスターにて

日本-米国の試合が行われ、

見事日本代表が、28-18で勝利しました。


今回米国に勝利したものの

1次リーグ突破となる事ができず、

ラグビー日本代表は

ベスト8入りを果たす事はできませんでした。


しかし今大会で、

4試合中3勝という好戦績を残す事ができ、

日本ラグビーは、

世界に、そして自身の歴史に

新たな1ページを刻む事ができたのでした。






今回日本で

ラグビーのワールドカップが

ここまでの盛り上がりを見せる事となったのは、

9月19日に行われた

日本-南アフリカの試合からです。

ラグビー、南アフリカ戦.jpg

世界ランキング5位である

強豪国・南アフリカを、

当時世界ランキング13位とされていた日本代表

34-32で破り、

歴史的大勝利を収めた事で

世界中に震撼を起こしました。


その話題が大々的に報道され、

一気に世間の注目の的になったのでしたね。


そこから一気に火がついた日本ラグビーチームは、

スコットランドに1敗してしまうものの

今大会で4戦3勝という戦績を残し、

その実力を世界に向けて

発揮する事ができたのでした。


本当に凄まじい勢いで

伸びてきたと思います。






強豪国・南アフリカに勝利した事も大きいのですが、

そもそもラグビー日本代表にとっては

ワールドカップで勝ちを収めるという事自体、

非常に大きな出来事です。


過去の日本代表の

ワールドカップの戦績を見れば分かるのですが、

これまで日本はラグビーW杯で

全くというほど良い結果を残す事ができなかったのです。



 こちらがこれまで行われたワールドカップでの

 日本代表の戦績です↓


●第1回ワールドカップ(1987年)・戦績

 vs アメリカ合衆国  18-21 ×敗北
 vs イングランド     7-60 ×敗北
 vs オーストラリア   23-42 ×敗北


●第2回ワールドカップ(1991年)・戦績

 vs スコットランド    9-47 ×敗北
 vs アイルランド    16-32 ×敗北
 vs ジンバブエ     52-8 ○勝利


●第3回ワールドカップ(1995年)・戦績

 vs ウェールズ     10-57 ×敗北
 vs アイルランド    28-50 ×敗北
 vs ニュージーランド 17-145 ×敗北


●第4回ワールドカップ(1999年)・戦績

 vs サモア        9-43 ×敗北
 vs ウェールズ    15-64 ×敗北
 vs アルゼンチン   12-33 ×敗北


●第5回ワールドカップ(2003年)・戦績

 vs スコットランド   11-32 ×敗北
 vs フランス      29-51 ×敗北
 vs フィジー      13-41 ×敗北
 vs アメリカ合衆国  26-39 ×敗北


●第6回ワールドカップ(2007年)・戦績

 vs オーストラリア   3-91 ×敗北
 vs フィジー      31-35 ×敗北
 vs ウェールズ    18-72 ×敗北
 vs カナダ       12-12 △引き分け


●第7回ワールドカップ(2011年)

 vs フランス       21-47 ×敗北
 vs ニュージーランド  7-83 ×敗北
 vs トンガ        18-31 ×敗北
 vs カナダ        23-23 △引き分け


●第8回ワールドカップ(2015年)

 vs 南アフリカ共和国 34-32 ○勝利
 vs スコットランド    10-45 ×敗北
 vs サモア         26-5 ○勝利
 vs アメリカ合衆国   28-18 ○勝利


と、このように

これまで日本ラグビーは

世界を相手に敗北ばかりを

重ねてきていたわけです。


第2回ワールドカップ

ジンバブエに対し1度だけ勝利していますが、

それ以降の大会で

勝ち名乗りをあげた事はありませんでした。


それが今年の第8回ワールドカップで

勝利を一辺に3つも手にしている訳ですからね。


過去の成績と比べてみても

これだけ大きな変革が起きたのですから、

歴史的快挙といっても

過言ではありませんよね。


本当に素晴らしい結果を

日本に持ち帰ってきてくれました。

ラグビー日本代表、米国戦.jpg


さて、次回の第9回ワールドカップでは

日本は一体どんな成績を残す事ができるでしょうか?


また負けを連ねる事になるのか、

それとももっと多くの勝利の星を

飾り続ける事ができるのでしょうか?


今回以上のステップアップを見せて、

初のリーグ突破、ベスト8という高みにまで

是非上り詰めていって頂きたいですね。



日本代表の出場は終わってしまいましたが、

まだ今回のワールドカップは終わっていません。


今後、決勝リーグが行われていきます。


日本をおいて準々決勝に進んだ

南アフリカやスコットランドは

どこまで上り詰めていくのでしょうか?


そして、今回のワールドカップ、

優勝を手にするのは

一体どこの国になるのでしょうか?


まだまだ見逃せない

ラグビー・第8回ワールドカップ、

今後の展開も楽しみですね。


 【関連記事】

・日本ラグビー、米国に勝利!2015年ワールドカップは好戦績で幕を下ろす。

・ラグビー日本代表の外国人、多人数で歌う「君が代」が国民の心を捉える!!

・ラグビー・日本代表メンバー五郎丸らに、吉本新喜劇が出演オファー!?

・ラグビーW杯 南アフリカがスコットランドに勝利!日本、1次リーグ突破は厳しい?

・日本ラグビー大金星!例の「桐谷美玲」も 高校ラグビー部のマネージャーだった!






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

日本ラグビー、米国に勝利!2015年ワールドカップは好戦績で幕を下ろす。 [ラグビー]

ラグビー日本代表、米国戦②.jpg

今年の日本ラグビーチームは

本当に凄かったですね。


10月11日(日本時間10月12日)に行われた

ラグビーワールドカップ、1次リーグBグループ

日本ラグビーチームの最終試合、対米国戦。


日本は米国に

28―18で勝利をおさめ、

今大会3つ目となる勝ち星を挙げる事ができました。






先日10日に行われた、

スコットランド対サモア戦で、

スコットランド36-33でサモアに勝利したことにより、

日本ラグビーチームはベスト8入りを逃し、

決勝リーグへの初出場の夢は叶いませんでした。


しかし今回の対米国戦に勝利した事で、

ラグビー日本代表は

今大会4試合中3勝利という

過去にない素晴らしい戦績で

このワールドカップを終える事ができました。


今回のワールドカップでは

ベスト8入りという目標は果たせませんでしたが、

これほどの快挙を成し遂げ

日本ラグビーの歴史を塗り変えられた事が

非常に大きな収穫になったと思います。



そして、日本ラグビーの注目選手、五郎丸歩選手ですが、

FWを務めた今回の米国との試合では

2ゴール、3ペナルティゴールで13得点を決め

今回も日本の勝利に

大きく貢献しております。

ラグビー日本代表、米国戦、五郎丸.jpg

五郎丸歩選手は、

このワールドカップ4試合で

計58点もの得点を決めており、

堂々の得点ランキング2位を獲得し

「マン・オブ・ザ・マッチ」にも選ばれました。


このワールドカップを通して、

世界中にその名を轟かせる事となりましたね。


本当に素晴らしいラグビープレイヤーです。






今回のワールドカップで

日本がおさめた戦績は、


 南アフリカに、34-32で勝利、

 スコットランドに、10-45で敗退、

 サモアに、26-5で勝利、

そして今回

 米国に、28-18で勝利、


という戦績となりました。



日本ラグビーチームは、

3勝という戦績を挙げたものの、

1次リーグ突破を果たす事はできませんでした。


素晴らしい戦績ではありましたが、

リーグ戦で獲得できる

ボーナスポイントがわずかに及ばず、

ベスト8進出を逃してしまったわけです。


そのポイントの差もわずかな差でしたので、

本当に惜しいところでした。


ベスト8進出を逃したその悔しさは、

日本代表選手たちの中でも

とても大きく残っている事でしょう。


しかし、日本代表チームが一体となって、

このワールドカップで

世界に通用する「ラグビー」を見せられた事は、

ひとつの大きな前進となっている筈です。


強豪国・南アフリカを破り、

3勝という戦績を残し、

日本という国の可能性を

このラグビーで示してくれました。


今後世間からの注目も

更に大きくなっていくに違いありません。


この勢いに乗って、

どんどん大きなステージへと

上がっていってもらいたいですね。


彼ら日本ラグビーの

今後の大きな飛躍に期待していきたいと思います。


ラグビー日本代表の皆様、

関係者の皆様方、

この度は本当にお疲れ様でした。


素晴らしいプレイを、感動を見せてくださり、

本当にありがとう御座います。


彼らに惜しみない拍手を

心よりお送りたいと思います。


 【関連記事】

・日本ラグビー快挙、これまで出場したワールドカップの戦績は?

・ラグビー日本代表の外国人、多人数で歌う「君が代」が国民の心を捉える!!

・ラグビー・日本代表メンバー五郎丸らに、吉本新喜劇が出演オファー!?

・ラグビーW杯 南アフリカがスコットランドに勝利!日本、1次リーグ突破は厳しい?

・日本ラグビー大金星!例の「桐谷美玲」も 高校ラグビー部のマネージャーだった!






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ラグビー日本代表の外国人、多人数で歌う「君が代」が国民の心を捉える!! [ラグビー]

ラグビー、君が代.jpg

ラグビーワールドカップで、

強豪国・南アフリカを破り、

日本代表は歴史的快挙を成し遂げ、

注目を浴びるようになってきました。


先日、2015年10月3日には

26-5という好成績でサモアにも圧勝し、

初の1次リーグ突破を目指しています。






そんなラグビー日本代表には、
ニュージーランド出身リーチ・マイケル主将をはじめ、

外国人の選手が比較的に多く見られるという事で、

ネットなどでもよく取り上げられています。


中には、こうした外国人選手たちが

日本国歌「君が代」を熱唱する姿が絶賛され、

そこに注目が集まってきているようです。


●ラグビー日本代表メンバー、31人中10人が外国出身の選手。


現在ラグビーW杯に出場登録されている

日本代表の選手は、

選手人数31人のうち、10人

ニュージーランドオーストラリアなどの

海外出身者の選手であり、

比較的多く人数を占めています。


外国人といっても、

その人数のうち5人

日本国籍を取得しているようです。


そんな外国人選手たちが

国歌「君が代」を斉唱する姿を見て、


 「外国人選手も君が代を歌ってて胸熱!!」  
 「外国出身の代表選手が君が代を歌ってる姿を見てもう泣きそう」
 「代表として敬意を払ってくれている姿に感動します!」
 「人種や出身国を越えて君が代歌ってるの、いいな~」
 「やっぱり国籍なんて関係ない!


などと、サモア戦のあった10月3日には、

ツイッターなどでこうした声がたくさんも寄せられたようです。


ラグビーでは日本代表選手になるために、

日本国籍は必ずしも必要ではなく、


 「本人が当該国生まれ」
 「両親か祖父母の1人が当該国生まれ」
 「本人が3年以上継続して当該国に住んでいる」


という3つの条件のうち、

いずれか1つの条件をを満たせば、

外国人であっても、その国の代表資格があるものと定められています。


ただし、世界大会で

他国での代表歴がある場合はNGのようです。



ここ最近までは、


 「日本の代表選手に外国人多すぎない?」


と、疑問視する声もよく見られましたが、

外国人選手を含む大人数が一つになって

この国歌を斉唱する姿には、

「出身国はバラバラでも気持ちは一つである」

感化されていく日本人も増えているみたいです。







●「君が代」、歌詞の意味までリーチ主将がレクチャー。


試合前の国歌斉唱では、

肩を組んだ選手たちが揃って「君が代」を歌い、

真剣な表情で口をしっかりと開けて歌う姿は、

日本出身の選手も外国人の選手も変わりません。


しかも彼らは、

歌詞をただ丸暗記して歌っている訳ではないようです。


主将のリーチ・マイケル選手によると

 「試合の前の合宿中には、

 必ず全員で君が代の練習をします」

語っており、

他の外国人選手に「君が代」をレクチャーするのは

主将であるリーチ選手が

率先して行っているみたいです。


紙にはローマ字書きの歌詞が書かれ、

その下には英訳が記されており、

 「君が代の中身を自分たちにつなげて、

 歌詞を理解して歌ってこそ意味がある」

リーチ選手は話しており、

「君が代」に込められた意味を実直に受け止め、

周りの選手に広めているようです。


何だか日本人以上に

日本国歌「君が代」の事を

理解しているのかもしれませんね。


ラグビー日本代表の

選手人数全体の3分の1を

外国出身選手が占めていることに対し

世間では不満の声をもつ方もいる一方で、

これらの背景を目の当たりにして

「国」という垣根を越えた理解が

できる方も増えてきたように思います。


何だか非常に嬉しい事だと思います。


只今、最多得点記録を更新している五郎丸歩選手も、

 「彼らは母国の代表より日本を選び
 日本のために戦っている最高の仲間です。
 国籍は違うが日本を背負っています。
 これがラグビーです。」

と、出身国は違っても日本にかける思いは一つである、

ということを強く語っています。


同じ日本を愛する者として、

日本を背負っている外国人選手にも

今以上に注目が集まるといいですね。


日本中の人達の心を一つにして、

ラグビー日本代表を応援していきたいものです。


 【関連記事】

・ラグビー・日本代表メンバー五郎丸らに、吉本新喜劇が出演オファー!?

・ラグビーW杯 南アフリカがスコットランドに勝利!日本、1次リーグ突破は厳しい?

・日本ラグビー大金星!例の「桐谷美玲」も 高校ラグビー部のマネージャーだった!






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | - ラグビー ブログトップ
目次ページ