< meta name="keywords" content="デスノート" />
So-net無料ブログ作成
検索選択
デスノート ブログトップ

【デスノート2016】続編キャストに戸田恵梨香、ミサミサ復活! [デスノート]

【デスノート2016】続編キャストに戸田恵梨香、ミサミサ復活!


戸田恵梨香・デスノート.jpg

今年2016年の秋に、

月(ライト)とLの死から10年後の世界を描く

完全新作映画【デスノート 2016】の公開が

決定していますね。



この映画【デスノート2016】のキャストとして

なんと、戸田恵梨香さん

再び【弥海砂(あまね みさ)】役として

登場する事になりました。




スポンサーリンク









デスノート・弥海砂.jpg

大人気漫画、【DEATH NOTE】

原作・大場つぐみ、作画・小畑健の名コンビによる作品で、

2003年から2006年にかけて

「週刊少年ジャンプ」で連載され、

これまで幅広くメディア展開されてきました。



昨年の9月13日に放送された

TVドラマ版「デスノート」の最終回で、

今回の新作映画の製作が発表されて

多大な反響を呼んでいましたね。


デスノート2016.jpg


今回【デスノート 2016】にて描かれるのは、

月(ライト)とLの死から10年を経た世界となり、

主演の東出昌大さんを始め、

池松壮亮さん菅田将暉さんなど

今の旬な若手演技派俳優たちが

キャストとして決まっています。

続きを読む


【デスノート 2016】映画続編、公開決定!登場人物・キャストは一体どうなる? [デスノート]

【デスノート 2016】映画続編、公開決定!登場人物・キャストは一体どうなる?


2003年から2006年にかけて

「週刊少年ジャンプ」で連載された

大人気漫画、『DEATH NOTE』


原作・大場つぐみ、作画・小畑健の名コンビによる作品で、

当時は大変な人気により、幅広くメディア展開されていました。






そして今年、「デスノート」のTVドラマ版が

7月より日本テレビ系で放送されていましたが、

今月9月13日第11話・最終回を迎えました。


そのドラマ版「デスノート」の番組放送の最後に、

驚きの情報が入ってまいりました。


今度はなんと、

以前に公開されていた

実写版映画「デスノート」続編として、

新作映画『デスノート 2016』の製作が発表されました。

デスノート2016.jpg

突然の映画製作の発表により、

原作・映画・ドラマの各ファンは

驚きを隠せずにいるようです。


まず以前公開されていた「デスノート」は、

主人公「夜神月(ライト)」のキャストに藤原竜也さん

キラの正体を追う「L」のキャストに松山ケンイチさん

死神の目をもつ少女・ミサミサこと「弥海砂」役には

戸田恵梨香さんをキャストに迎え、

2部構成で実写映画化されました。


2006年6月に前編が、

同年11月には後編の

「デスノート the Last name」が公開され、

更に2008年には、

Lが主人公として描かれたスピンオフ映画

「L change the WorLd」も公開されています。


また、「デスノート」は他にも

2006年10月~2007年6月にかけて

アニメ版も放送されています。


これら映画、ドラマの展開に

それぞれに違いはありましたが、

どの作品のラストも、

自身のの犯罪が明らかにされた後に

主人公・ライトが無残な最期を迎えるという結末となっています。


今回2016年に制作される予定の

「デスノート2016」は、

この2006年に公開された映画版の

正当な続編として製作されると発表されています。


ですが、この2006年の映画でも

主人公・ライトは壮絶な死を遂げ、

展開こそ原作とは違ってはいるものの

物語はしっかり完結しているので、

一体どの様にして続編が製作されるのでしょうか?



ドラマの最後に公開された映像では、

「真第二のキラ」

「Lの後継者」

「6冊ルール」

「夜神月、復活」といった

何やら意味深な単語が出てきました。


これらの言葉は

2016年版の映画に関係する様ですが、

一体何を意味しているのでしょう?


ドラマ終了後から、ネット上では

ファンからの困惑した声が上がっています。


 ライトもLも死んでいるのに、続編にできるのか?

 映画完全オリジナルストーリーとなるのか?

 藤原竜也も松山ケンイチも役者として申し分ないが
 今回のキャストとしては年齢的に厳しいのではないか?

 「夜神月、復活」とあるが、そもそもどうやって?

 世界観と設定を引き継いだところで、
 結局別物になってしまうのではないか? 


などなど、疑問をあげていけば

キリがないようです。






ドラマ・デスノート.png

さて、今シーズンTVドラマ版となって

9年ぶりに実写化となった「デスノート」でしたが、

このTVドラマ版は

幾つもの目立った設定変更がなされていた事もあり、

放送開始当初、原作・旧映画版・アニメファンからは

何かと批判を浴びていました。


初回は16.9%だったものの、

一時は8.2%まで視聴率も急落しましたが、、、

「夜神月」役、ト窪田正孝さんの演技が高い評価を受けるなど、

キャストの頑張りもあって

視聴率はV字回復いたしました。


そして最終話では14.1%をマークし、

何とか人気と評価は獲得できたようです。


しかし、今回制作される続編「デスノート 2016」

最新の実写版キャストの窪田正孝さんのTVドラマ版ではなく、

9年前に公開された

藤原竜也さん・松山ケンイチさんの映画版の方です。


この事についてもネットでは意見が交わされ、

 「これではドラマ版が映画版の番宣みたい、、、」
 「結局、今回のドラマはいらなかったんじゃないか?」
 「窪田くん、がんばったのにね。」

などと、視聴者からは

同情の声まであがり始めているみたいです。


良くも悪くも、話題となっているようで

様々な意見が飛び交っています。


今回発表された新作映画「デスノート 2016」は、

「GANTZ」「図書館戦争」シリーズを手がけた

佐藤信介監督がメガホンをとる様です。


この2016年版は、

一体どんなストーリーで描かれるのか、

全く新しい登場人物となるのか、

そしてキャストはどうなるのか、、、?


原作者の大場つぐみさんも

今回の新作映画の制作に

少しは絡んでくるのかどうかも

気になるところです。


何はともあれ、

今尚支持され続ける「デスノート」の人気は

留まる事がないようです。


今後発表される、続編映画の新情報を

楽しみにしたいものですね。






【関連記事】

【デスノート2016】続編キャストに戸田恵梨香、ミサミサ復活!
デスノート ブログトップ
目次ページ