< meta name="keywords" content="ポケモン" />
So-net無料ブログ作成
検索選択
ポケモン ブログトップ

2016年新プロジェクト「Pokemon GO(ポケモンゴー)」が初公開PVと共に発表!Ingressのナイアンティックとコラボ! [ポケモン]

ポケモンGO.jpg
今月9月10日、株式会社ポケモン

同社の展開する「ポケットモンスター」シリーズの

スマートフォン向けの新プロジェクトとなる

「Pokemon GO(ポケモンゴー)」を発表しました。


この「Pokemon GO」は、

”Ingress”を開発した

「ナイアンティック(Niantic)」とのコラボによる

位置情報を活用したスマホゲームとなります。






この新プロジェクトには

「ナイアンティック」の他に「任天堂」

参加する事も併せて発表されました。


ゲームの開発を担当する「ナイアンティック」は、

Googleの社内スタートアップから立ち上がり、

現在は独立して活動しています。


9月10日、都内で開催されたプロジェクトの発表会には、

ポケモン代表取締役社長の石原恒和氏のほか、

ナイアンティック創設者でCEOのジョン・ハンケ氏

ポケモンの開発に携わってきたゲームフリーク社の増田順一氏

そしてビジネスパートナーとなる任天堂から

代表取締役専務の宮本茂氏が登壇しました。


この「Pokemon GO」

位置情報を活用したスマホゲームで、

現実の位置情報そのものを舞台にして

ポケモンを捕まえたり、交換したり、

はたまたバトルをするといった体験ができるという、

まさに現実世界に飛び出してきた様なゲームです。


つまりプレイヤーは実際に家の外に出て

様々なポケモンを探したり、

他のプレイヤーとの交流を楽しむ事ができるという

これまでにないポケモンゲームとなります。


サービス開始は2016年を予定しており、

iOS、Android向けで、

基本プレイ無料・ゲーム内アイテム課金という内容で

今後提供される予定です。


「Pokemon GO」は、

日本だけではなくグローバル向けも配信され、

できる限り複数の言語に対応していくそうです。


今回発表された「Pokemon GO」の

その世界を体感できるPV映像が公開されており、

ポケモンの公式YouTubeチャンネルにて

確認する事ができます。


初公開となるこのPV映像を見るだけで

ポケモンファンは胸が躍り、

とても期待が高まってくることでしょう。






また、スマホの画面を見なくても

「Pokemon GO」を遊ぶことができるデバイスとして

「Pokemon GO Plus」の開発もされているとの事です。

ポケモンGO Plus.jpg

PV映像にも少し出ていましたが、

時計のように腕に付けたり

バッジのように胸に付けたりと、

身につける事のできるシンプルなデバイスになります。


Bluetoothによってスマホと接続し、

近くにポケモンがいるなどの情報を

ランプや振動で通知する機能が搭載されます。


またボタンを押すことによって

ポケモンを捕まえるといった操作も

できるようになっているみたいです。



20周年を迎えるポケモンは、

子供だけではなく、

大人にとっても楽しめるゲームです。


またIngressは、現実を舞台にして、

今まで知らなかった場所へと誘ったり、

ふとしたきっかけで多くの人と知り合えたりする事ができます。


現実を拡張し続けてきた

2つのゲームが融合する事で

どのような体験を味わえるゲームになるのか、

非常に楽しみです。


ポケモンの魅力である育成やコレクション、

バトルといった要素がどの様に進化するのか、

今後の展開に注目したいですね。





ポケモン世界大会 ボストンの会場で銃器所持の2人組逮捕 [ポケモン]

ポケモン世界大会 脅迫.jpg
8月21日~23日にボストンで行われた

ポケットモンスターの対戦ゲームバトル

及びカードゲームの世界大会

「ポケモンワールドチャンピオンシップス2015」(WCS2015)の会場にて、

銃器を不法に所持していた2人組の男が逮捕されました。


毎年多くのプレイヤーから選び抜かれた

世界各国の代表選手が集結し、

世界チャンピオンの座をを巡って繰り広げられる

「ポケモンワールドチャンピオンシップス」(WCS)


今年はアメリカ・ボストンで開催され、

今回も会場は多くのファンや観覧者で溢れていました。






マサチューセッツ州ボストンの警察によると、

8月20日、大会側には

SNSを通じて脅迫が行われており、

民間の警備会社が当局へと通報しています。


そして警察が捜査を開始した事により、

会場前で容疑者2人が発見され、

車両内に銃器を隠し持っていたことが確認されました。


容疑者はアイオワ州から来た

18歳と27歳の男性2人で、

銃器の携行ライセンスを所持していなかったため、

警察によって自動車が押収されました。


ボストン警察は翌8月21日

捜査令状を取得し、自動車を捜査する事に。


車内で確認されたのは
「レミントンショットガン」

「AR-15 ライフル」が1丁ずつ、

そして数百発の弾薬狩猟用ナイフが発見されました。


この事から銃器および弾薬の不法所持で

二人組の逮捕に至ったと伝えています。






この件について、

二人の男の目的や詳しい犯行動機などは

まだ明らかにされておりませんが、

今後ボストン市裁判所にて

罪状認否が行われるということです。


世界的にも人気の高いゲーム「ポケモン」の

世界大会という事もあり

子供も含む多くの人々が押し寄せるイベントですから、

物騒な事件が起こる前に対処できた事は

非常に評価されるところでしょう。


2016年に行われる「WCS2016」

同じくアメリカ(サンフランシスコ)で行われる事が

決定しています。


少なくとも今回のことで

不安を抱かずにはいられない方も多いと思います。


ファンとしても非常に楽しみにしているイベントですから、

思わぬ事件などが起こらぬよう

これまで以上に厳戒態勢を整えて頂きたいものです。






ポケモン ブログトップ
目次ページ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。