< meta name="keywords" content="台風" />
So-net無料ブログ作成
検索選択

最新の台風情報【2015】台風23号、現在の進路予想とその影響は? [台風]

最新の台風情報【2015】台風23号、現在の進路予想とその影響は?


10月2日に発生したとされる

大型の台風23号の最新の進路予想が

発表されました。


最新の台風情報によると

今後台風23号

徐々に発達しながら北上し、

10月8日(木)~9日(金)にかけて

北海道に接近するおそれがあるという

進路予想が出ています。






今回発生している台風23号は、

発生の段階から記録的な大きさを成しており、

昨日の時点での台風情報では、

直径1400kmもの広大な強風域を保ちながら

南鳥島近海を西に向かう進路を辿っていました。

台風23号、進路予想.png

そして本日6日の台風情報によると

午前6時頃には西北西へと進路をずらしつつ、

南鳥島近海を時速15キロの速さで

進行しているそうです。


現在、強風の勢いも増し

最大風速25メートルにまで達しているみたいです。


台風情報によると、この台風23号は

風速15メートル以上になる「強風域」が広大な為、

高波や強風の影響は

非常に広い範囲に及ぶおそれがあり、

進路予想されている領域を超え、

周辺の地域にまで

猛威を振るう可能性もあるとされています。


特に小笠原諸島では今夜から、

そして伊豆諸島関東の海上の方でも

明日7日の夜遅くには、

うねりを伴った大しけとなる見込みがあるようです。


これら進路予想上の地域周辺では

高波に対して大いに警戒が必要のようです。


また、本土の方に到っては、

北日本東日本といった

太平洋側の広い範囲の地域でも、

強風などの注意が必要となってきます。







●台風23号の進路予想、本格的な影響は8日夜から。


最新の台風情報によると、

今後台風23号は進路を北寄りへと進行を変えていき、

更に発達しながら、日本の東側を北上していくという

進路予想がされています。


そして台風23号は、

明日以降にスピードを一気に速めて、

8日(木)~9日(金)にかけて

北海道に近付く見込みとされています。


9日には台風23号も

温帯低気圧に変わっていくという

見込みではあるようですが、

北海道の東部を中心にして

大荒れの天気になっていくようです。


北海道のこれらの地域の方々は

大いに警戒が必要となりますね。



今回日本に接近する台風23号

今年発生した台風の中でも特に巨大で、

特徴である強風域の大きさ

非常に凄まじいものです。


現段階の進路予想としては、

日本の本土へ直撃するような事は無いようですが、

広い範囲の地域で

その影響を受ける事が想定されています。


今後とも、テレビやラジオなどで発信される

最新の台風情報に耳を傾け、

充分に注意を払っていましょう。


 【関連記事】

・台風23号・2015 大きな台風のたまご、発生時から巨大!?最新の進路情報は?

・台風15号(2015)、25日の進路状況。台風17号・18号のたまごも発生か?






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

台風23号・2015 大きな台風のたまご、発生時から巨大!?最新の進路情報は? [台風]

台風②.jpg

2015年10月2日(金)15時頃

日本の南東の海上で

台風のたまごが発生し、

台風23号に発達する可能性があるとされています。






昨日、日本のはるか南東の海上で

発生したとされる台風のたまごは、

何よりも最大の特徴として、

発生時からとてつもない

巨大な強風域を持っているようです。



今回の台風23号のもつ、広大な強風域は

発生時のたまごの状態から

1500キロもの

巨大な台風として発生しています。


通常、台風が発生する時には

まだ比較的小さな渦巻きで、

強風域の直径は500キロ程度のものが多いそうです。


しかし、今回の台風23号は、

発生したたまごの時点で

既に2015年に発生した台風の中で

最も大きくなっているという事らしいです。


これには驚きというよりも

不安と恐怖を感じずにはいられませんね。


そして台風の大きさ

風速15メートル以上の「強風域」によって

定義されているんですが、

その強風域の直径が

1000キロ以上だと「大型の台風」

1600キロ以上になると「超大型の台風」

となります。


つまり、今回発生した台風23号のたまごは

「大型」どころか、

「超大型の台風」の一歩手前

大きさで発生している事になります。


2015年中、最も恐ろしい台風の誕生ですね。








●2015年最大級の台風23号、最新進路情報は?


さて、この台風23号の進路

非常に気になるところですが、

最新の情報ではどのように推測されているでしょう?


只でさえ、今年2015年は、

あちこちで台風による

大きな被害が相次いでいますので、

今回も非常に気になるところです。


最新の進路情報によると、

巨大な台風23号のたまごは、

今後も発達しながら西寄りに進路をとり、

来週金曜から土曜、

2015年10月8日(木)~9日(金)頃には

日本の東、海上を

北上していく可能性が高くなっています。

台風23号、進路.png

このタイミングまでに

どこまで日本の陸地に近付くのかが

来週後半の天気を左右する

最大のポイントとなるようです。


只今出ている予報円の中の

東側へ離れていく進路になれば、

台風23号の影響は海上に限られるようです。



ただ、今回の台風は何よりも巨大であり、

その影響範囲が非常に大きい事が

最大の特徴ですから、

少々離れた進路で通過する場合でも、

思わぬ大きな影響を受ける恐れがあるので

決して油断はできません。


今後更新される

最新の情報には充分注意を向け、

防災対策など、しっかりとした警戒を行っておきましょう。


 【関連記事】

・台風15号(2015)、25日の進路状況。台風17号・18号のたまごも発生か?






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

台風15号(2015)、25日の進路状況。台風17号・18号のたまごも発生か? [台風]

台風.jpg

本日25日(火)午前6時過ぎ

非常に強力な台風15号

熊本県荒尾市付近に上陸しました。


これで日本に上陸した今年の台風は

今回で3度目となります。


8月までに3つの台風が上陸するというのは

実は2004年以来11年振りとなります。


また、熊本県へ台風が上陸するのは

1999年以来16年振りになるそうです。


どうやら今年2015年の台風事情は、

記録を変えてしまうような事態が

多いように見受けられますね。






更に長崎県では、この台風の影響で

25日(火)に記録的短時間大雨情報が発表されました。


さらに雲仙岳では1時間に121ミリという

猛烈な雨を観測した模様です。


このように、今回様々な地域で

観測されている雨量は非常に多いようです。


そんな台風15号ですが

今後もその勢力は維持されながら、

比較的速めの速度で

北北東の方角へ向かって進む見込みだそうです。

台風15号.png

コースとしては九州を縦断するような経路となり、

本日25日の午後には山陰沖へ達するとされております。


これらの地域を中心とした西日本では、

夜にかけての厳重な警戒が必要となるでしょう。


猛烈な雨が降る恐れがあるそうですので、

土砂災害、河川の氾濫、

低い土地に関しては浸水などにも

注意を怠らない様にしましょう。


今回の台風15号は、

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

21日に発表した予想図通りに進行しており

26日には太平洋側に抜け、

28日には完全に消滅すると思われます。


やはり予測通り、一番警戒が必要なのは

24日~25日となりますので、

台風圏に入っている地域は

今日1日充分に注意をしてください。



今回、台風15号のほかに発生している台風16号ですが、

どうやら日本列島から離れたところを移動中のため、

台風15号ほどの被害は無いようです。


ただ、太平洋側の沿岸や

海上の高波には警戒が必要と思われます。


アメリカ海軍(JTWC)による最新の台風情報では、

台風17号となるたまごが、

更には台風18号たまごと思われる

熱帯低気圧熱帯暴風雨も観測されている様です。


たまごと聞くと可愛らしいですが、

いずれ大きな台風へと成長する

台風のたまごには変わりありません。


これもやはり台風の一端ですので、

徐々に勢力を上げて

いずれ迫ってくる事でしょう。


17号、18号のたまごも発生という事で

やはり今年は例年よりも

短期間のうちに現れる台風が

多いように感じられますね。


今後の台風の動向が気になるところです。


引き続き、最新の気象情報に注意し、

いざというときの災害対策を

しっかり備えておきましょう。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
目次ページ