< meta name="keywords" content="日本語 キャラクター アニメ 病気 ディズニー アニメーション" />
So-net無料ブログ作成
検索選択

声優、水谷優子が死去。「ミニー」「まる子のお姉ちゃん」など記憶に残る声 [水谷優子]

声優、水谷優子が死去。「ミニー」「まる子のお姉ちゃん」など記憶に残る声


水谷優子②.jpg

声優の水谷優子さん

乳がんの為に

5月17日(火)に亡くなられました。



「ミニーマウス」日本語吹き替えの声、

【ちびまる子ちゃん】

「さくら さきこ」お姉ちゃんの声など

非常に良く知られる声の声優さんだけに、

多くのファンや業界の方から

その早い死が悔やまれています。




スポンサーリンク








ちびまる子ちゃん.jpg

水谷優子さんは、

青二プロダクション所属の声優で、

アニメ【ちびまる子ちゃん】

主人公「さくら ももこ」のお姉ちゃん、

「さくら さきこ」の声でよく知られています。



また、ディズニーキャラクターでお馴染み

「ミニーマウス」

日本語吹き替えの声も担当していたという事で、

日本人ならまず

その声を聞かない事がないくらい

我々の耳に馴染んでいた声優さんでした。



そんな水谷優子さんが

乳がんを患っていたという事で、

今回その病気が原因で

命を落とされてしまいました。



その突然の悲報に

驚きを隠せない方も

きっと多い事でしょうね。



水谷優子さんは

1964年11月4日生まれ、

まだ51歳という年齢だったそうで、

本当に早くに亡くなられてしまいました。



水谷優子さんが演じた代表的なキャラクター


水谷優子さん

愛知県海部郡出身、

本名は「西久保優子(にしくぼ ゆうこ)」さんといい、

アニメーション監督の

西久保瑞穂さんと結婚されています。



1985年に放送された

「機動戦士Ζガンダム」

飛行場アナウンサー役として

声優デビューを飾り、

それ以降多くの作品に出演され

数々のキャラクターの声を担当されてきました。



そんな水谷優子さんが担当された

代表的な作品・キャラクターは

こちらとなっています。



ミニーマウス

ミニーマウス.jpeg


ディズニーアニメのキャラクターで、
ミッキーマウス「永遠のガールフレンド」


日本語版の声優を
ずっと水谷優子さんが担当されていました。



さくら さきこ
 「ちびまる子ちゃん(1期・2期)」(1990~)

さくらさきこ.jpg


まるちゃんこと「さくらももこ」の姉、
小学6年生の女の子。


ぐうたらな妹に手を焼くものの、
いざとなれば助ける事もある
妹思いのお姉ちゃん。


水谷優子さんは20年以上にわたり
このお姉ちゃんの声を担当されてきました。



サラ・ザビアロフ
 「機動戦士Ζガンダム」(1985)

サラ・ザビアロフ.jpg


地球連邦軍のエリート部隊「ティターンズ」
女性モビルスーツパイロット。


水谷優子さんのデビュー作でもあるので
思い入れのある作品・キャラクターだったようです。




スポンサーリンク









マリー・エン・カールスバーグ
 「ふしぎの海のナディア」(1990年)

マリー&キング.jpg


主人公のナディアたちと出会い、
行動を共にする4歳の少女。


子供ライオンのキングといる事が多く、
周りの人間のいがみ合いから気苦労が絶えないため
高い精神年齢を持ち合わせているようです。



シェリル・メルビル
 「七つの海のティコ」(1994年)

シェリル.jpg


メルビル財閥の一人娘というお嬢様でありながら
主人公ナナミらとともに海を旅する
ぺペロンチーノ号の乗組員。


わがままで気が強い性格ですが、
ナナミに対して姉のように接する
優しい一面を見せる事もあります。


水谷優子さんの声は
こうした男勝りな女性の声にも
非常にハマっていましたね。



武之内空(たけのうち そら)
 「デジモンアドベンチャー」(1999年)
 「デジモンアドベンチャー02」(2000年)

デジモン 空、ピヨモン.png


選ばれし子供達の一人で、
「愛情の紋章」を手にするしっかりものの女の子。


パートナーデジモンはピヨモンで、
メンバーの中ではお姉さん(お母さん)的存在です。


こうした頼れるお姉さんキャラにも
水谷優子さんの声はピッタリでしたね。



ピノコ
 「ブラック・ジャック」(2004年)

ブラック・ジャック、ピノコ.jpg


ブラック・ジャックと生活するただひとりの家族で、
ブラック・ジャックの優秀な助手の女の子。


双子の姉の体の中で18年以上いたという事で、
幼い見た目とは裏腹に
自称年齢は18歳以上としているとか。


呂律の回らない話し方など
実に可愛らしいキャラクターを
水谷優子さんは表現されていましたね。


1993年OVA版1996年劇場版でも
同じくピノコを演じられています。




と、水谷優子さんが演じた

代表的なキャラクターの一部を

こうして取り上げてみましたが、

本当に幅広い役をこなされていますよね。



このほかにもまだまだ

多くのキャラクターを演じていますので、

人によって様々なキャラクターが

印象に残っている事でしょう。



魅力的なキャラクターを

数々演じてこられた声優さんだったので、

今回亡くなられた事が

本当に悔やまれます。



ファンだけでなく

多くの声優さん方からも

悲しむ声があがっています。



古川登志夫さん水島裕さん

千葉繁さん荒川美奈子さん

森川智之さん松本梨香さんなど

あらゆる声優仲間の方から、

水谷優子さんの死を悼む声が

ブログなどを通じ寄せられているようです。



本当に惜しい方を

亡くされたという事ですよね。



今後、「ミニーマウス」

「まる子のお姉ちゃん」などで

後任となる声優が

誰になるかも気になりますが、

これらのキャラクターの声は

やはり水谷優子さんの印象が大きいですので

後任の声優さんに対するプレッシャーも

中々大きいのではないのでしょうか。



5月29日放送の「ちびまる子ちゃん」をもって

水谷優子さんの声の「お姉ちゃん」とは

お別れにはなりますが、

様々なキャラクターを通して

届けられた水谷優子さんの声は、

きっと我々の記憶の中から

忘れる事はないでしょうね。



水谷優子さんの冥福を

心よりお祈りさせて頂きます。




スポンサーリンク









 【関連記事】

・声優「水谷優子」亡くなる。ちびまる子ちゃんの「お姉ちゃん」役


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
目次ページ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。