< meta name="keywords" content="オススメ ゴールデンウィーク 天体 夜明け 観測" />
So-net無料ブログ作成

みずがめ座η流星群【2016】ベストな方角と時間は? [みずがめ座流星群]

みずがめ座η流星群【2016】ベストな方角と時間は?


みずがめ座流星群.png

毎年、ゴールデンウィークの時期に活発になる

【みずがめ座η(エータ、イータ)流星群】

今年2016年も

5月6日(金)に極大を迎えるようです。



【みずがめ座η流星群】を綺麗に見るための

気になる方角時間

今年はどの辺りがベストなんでしょうか?




スポンサーリンク









みずがめ座②.jpg


【みずがめ座η(エータ、イータ)流星群】

「ハレー彗星」が母天体と考えられている流星群で、

毎年5月6日頃に最大活動日を迎えます。



みずがめ座の流星群には

この【みずがめ座η流星群】だけではなく、

6月には「みずがめ座δ(デルタ)流星群」

8月には「みずがめ座ι(イオタ)流星群」といった

別の流星群も存在しています。



今年2016年に観測できる

みずがめ座η流星群も

5月6日に極大を迎え、

この前後2~3日にかけて

見頃を迎える事になります。



極大となる5月6日には、

1時間に10~20個ほどの

流星を見る事ができるようです。



ゴールデンウィークの終盤となる週末に

これは是非とも見てみたいですよね。



では、この「みずがめ座η流星群」が

最もよく見える方角や時間帯は

どのようになっているのでしょうか。




スポンサーリンク









みずがめ座η流星群、オススメの方角と時間帯


みずがめ座η流星群は

みずがめ座に輻射(ふくしゃ)点をもつ流星群で、

その輻射点を中心にして

流星は四方八方に流れていきます。



5月6日頃のみずがめ座は

から東南東方向

低い空の方角に昇るとされ、

流星群はその方向から

観測できるようです。


2016・みずがめ座η流星群.jpg


また、今年のみずがめ座η流星群の

観測に適している時間帯は、

5月6日、そして前後2~3日の

未明(午前2時~3時くらい)から

夜明け前にかけてとされています。



最も暗くなるとされる夜明け前

特にオススメの時間帯となりますね。



しかも今年の5月6日は

翌日の7日が「新月」という事もあって、

月の明かりの影響をほとんど受けず、

例年よりも観測条件が

非常に良いみたいです。



とはいえ、今回の流星は

空の低い場所で見る事になりそうですから、

周りに高い建物などが

多く立ち並んでいるところでは

その模様を伺う事が難しいかもしれません。



夜空が広く見渡せる場所が

観測場所としてはオススメです。



ただ、5月6日の気になる天気ですが、

低気圧の影響で

全国的に曇りがちになるという

予想がされています。

 ⇒・【みずがめ座η流星群 2016】5月6日がピーク、気になる天気は?



せっかくの見頃のピークのときに

どうやら残念な天気に

なってしまうかもしれませんね。



観測するのなら、

極大となる6日よりも

4日や5日の夜の方が確実でしょう。



ゴールデンウィークもまだ後半ですから、

少し夜更かしをして

滅多に見られない綺麗な流星を

この機会に眺めてみてはいかがでしょうか。




スポンサーリンク









 【関連記事】

・【みずがめ座η流星群 2016】5月6日がピーク、気になる天気は?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

目次ページ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。